郷の家 施工事例

規格住宅・最高品質の天然木の家、

郷の家の施工事例をご紹介します。



薪ストーブの暖かさに驚く

Y様

結婚を機にご両親と同居されたY様。大きな家だが間取りが悪く、家族5人が集まって食事をすると料理を運ぶ事さえ大変だった。冬はとにかく寒いという問題もあり、建て替えかリフォームかを悩んでいた時にふと目にしたのが夢ハウスの広告。モデルハウスが近かったため家族全員で見学された。モデルハウスに入るなり驚かれたのが「玄関ホールから暖かい」ということ。ご両親はすぐにリビングの薪ストーブに近づいていった。夢ハウスの家が暖かい理由は、その薪ストーブと断熱性能。大きな丸柱や小屋裏収納、表しにした梁など今までイメージしていた住宅との違いや、見学したモデルハウスが規格住宅ということにも驚かれていたようだ。


みんなが集まれる居心地の良い家

K様邸

リビングを中心としたみんなが集まれる居心地の良い家が私達の夢でした。 いろいろな見学会やモデルハウスを見学しましたが、自分達が思い描くものがなかなか見つからず、最後に見学したのが夢ハウスでした。 すると今までの迷いや不安が無くなり、夢ハウスで家を建てることにしました。


赤松の床板が心に残った

S様

アパート暮らしが長いS様は冬のフローリングの寒さ、変形して閉めにくい建具などの不満があるものの、通勤に便利という事で家を持つという考えは全く無かった。 その心境が一変したのが家を建てた友人の住宅完成見学会。冬場にも関わらず天然赤松の床板の温もりにとても驚かれたそうだ。「アパートのフローリングと全然違いました」とは奥様。すっかり赤松の床板のファンになったようだ。

住まいの健康、シックハウスを意識 まもなく子供が生まれるお二人にとってシックハウスは何としても避けたいもの。 夢ハウスの石油化学製品を用いない家づくりにも共感を覚え、他の見学会や家づくり勉強会にも意欲的に参加。 ご友人宅の見学会から2ヶ月後に夢ハウスでの家づくりをご決断された。 ○夢ハウス家づくりのテーマ【健康】 広い空間が欲しい S様が選ばれたのが【郷の家301S】という規格住宅。ある程度間取りが決まっているので打ち合わせもスムーズに進んだ。その中で「生まれてくる子供が遊び回れる広い空間が良い」というご希望もあり、1階に17㎡のサンデッキを増設。もともと郷の家は窓を大きくとり、仕切りを少なくして建物に開放感を与える設計。今では遊びに来た友達と一緒に、広い空間を走り回っているようだ。


メーターモジュールでゆとりの空間の家

I様邸

子供の誕生を機に、家づくりを考え始めました。 妻が夢ハウスの展示場で行われている設計意見モニターに参加して以来、夢づくりに夢中になり、社長さんの考え方やスタッフの細かい心づかいに感動し、2年前に新築しました。

0コメント

  • 1000 / 1000