実際に見学に行く リンクバナー

資料請求はこちら リンクバナー

メニューを開く

2018/04/20

通気が家を長持ちさせる!?100年以上持つ住宅とは

家を長持ちさせるには・・・・・

その秘訣は"通気"です。住宅を10年でダメにするか、100年以上持たせるかは、湿気対策で決まります。

高床式の正倉院は1300年以上の歴史があります。

高床式では床下に風を通すことで土台を乾燥させ、カビの繁殖や腐食を防いでいます。

よく見られる通気方法で、基礎の4面のそれぞれ真ん中に1カ所風穴を開けているものがあります。

そこに色のついた風を流してみると、風は穴から穴へ真っ直ぐには流れますが、四隅は必ずよどみます。

このよどんだ四隅に湿気が発生し、腐朽菌が繁殖し、木の大事な成分を分解することによって、土台や床下が腐食していきます。(新潟工科大 風導実験所にて)

欧米から入ってきた、基礎に通気を開けないやり方は、高温多湿な日本の気候には合いません。

夢ハウスでは「丸型換気孔」を数多く(1.2m間隔で)使用することにより、従来工法の4倍の床下換気をとっています。

この「丸型換気孔」は基礎のタテ筋とヨコ筋の間にはめ込み、鉄筋(主筋)を切らないので、地震に強い基礎を保つことができます。

夢ハウスSD工法では、壁パネルと防水シートの間、防水シートと外壁の間に、

十分空気が走るようになっており、構造躯体を腐らせません。

来場予約 資料請求 CONTACT来場予約 資料請求 CONTACT

人物 スタッフ 写真

TEL.0173-34-3361 tel.0173-34-3361

〒037-0033 青森県五所川原市鎌谷町504-1 TEL/FAX 0173-34-33610173-34-3361/0173-35-3933 
営業時間:8:00~17:00